【京都新聞杯2021年】 ~最終予想~

予想


【京都新聞杯GⅡ 2021年】最終予想となります。先週の青葉賞本命馬1着、天皇賞春本命馬2着と結果が出せました。今週も頑張ります。

2021年5月8日(土)中京競馬場2200mで行われるGⅡのレースとなります。
日本ダービー(同30日、東京、GI、芝2400メートル)に向けて賞金を加算しておきたい馬が多数出走します。今年は京都競馬場が改修工事の為、中京競馬場での開催になりますので注意が必要です。

当ブログにて5月1日に行われた【青葉賞】の追い切り評価 A評価2頭が馬券に絡みました!!!!的中された方々おめでとうございます。
そして本命馬のワンダフルタウンも見事な走りで1着でした。
馬券も的中できていうことなしのスタートを切れたと思います。
引き続き精進していきます。
青葉賞の追い切り評価ペー
青葉賞の予想(本命馬)ページ
当ブログにて5月2日に行われた【天皇賞春】の追い切り評価 A評価2頭が馬券に絡みました!!!!的中された方々おめでとうございます。
そして本命馬のディープボンドも粘って2着でした。
引き続き精進していきます。
天皇賞春の追い切り評価ページ
天皇賞春の予想(本命馬)ページ

それでは、【京都新聞杯2021年】の最終予想となります。

追い切り高評価 

A評価
・ゲヴィナー ・マカオンドール ・ルペルカーリア ・レッドジェネシス 
B評価 
・ヴェローチェオロ ・エスコバル ・トーホウバロン ・ブレークアップ ・ワイドエンペラー 
C評価
・サイモンメガライズ ・ハートオブアシティ

最終予想

レッドジェネシス
追い切りでも1週前に川田騎手を背に強めに追われています。すべてのレースで川田騎手が手綱をとっており、馬の癖などはわかっていると思います。
少し押し出されての本命馬感は強いですが、期待のできる一頭だと思います。

↓追い切り評価抜粋
最終追い切り
栗東・芝・良
6F 83.5-67.3-52.3-38.5-12.1(馬なり)

【評価 A】

1週前追い切りでは、川田騎手を背に強めに追われてきました。
その最終追い切りでは、首は高く少し力みがありましたが、併せ馬と併走していい感じに追い切りができたと思います。状態は問題ないと思います。

マカオンドール
調教は、一番良かったと思います。テン乗りということで浜中騎手ですが、追い切りでも騎乗しているので癖はつかんでいてほしいと思います。
長い距離もこなしていますし、父ゴールドシップの距離適正も考えると勝ってもおかしくないと思います。

↓追い切り評価抜粋
最終追い切り
栗東・坂路・良
800m 52.5-37.9-24.6-12.4(馬なり)
【評価 A

1週前追い切りでは、浜中騎手が追い切りに騎乗。馬なりで楽に好タイムでした。その最終追い切りでは、楽な手応えでスムーズに前へ前へ推進力が見られました。逆に動きがよくて不安になりますが、楽しみな一頭になります。

▲・・・ゲヴィナー 制御のきいた走りでスムーズに走れています。
△・・・ルペルカーリア 人気どこですが、見逃せないと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました。
Twitterもやってます是非フォローよろしくお願い致します。
今後も当ブログの追い切り評価、予想よろしくお願い致します。
それでは、皆様にとって良い週末になりますように・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました